眼鏡をかけた男性

人工植毛と自毛植毛の2つの違いは?

一言で植毛といっても大きく分けて2つあり、「自毛植毛」と「人工植毛」とあります。自毛植毛とは、自分の髪の毛を移植して髪の毛を増やす施術ですが、初期脱毛が起こる可能性が高く、生えそろうまで時間がかかります。なので植毛したからといって、すぐに髪の毛が増えるわけではありません。
人工植毛とは、髪の毛全体が薄い場合は自毛植毛ができない可能性があり、広範囲に薄毛の方は人工植毛がいいでしょう。自毛植毛では施術できない後頭部や前頭部以外なども、人工植毛ならすることができます。人工植毛はメスを使って後頭部の毛を採取するわけではないので、通院が不要です。髪の毛の量を増やしたい方や、すぐに効果を感じたい方にはおすすめです。
どちらの方がいいのかは、一人一人髪の毛の状況によって異なるので、一概には言えませんが、自分にとって自毛植毛の方がメリットが多いのか、人工植毛の方がメリットが多いのかを確認して施術する方が良いでしょう。自分ではわからないという方は、クリニックではカウンセリングもしているので、医師と一緒に相談して検討する方が良いでしょう。自分的には人工植毛はリスクがあるので、リスクの少ない自毛植毛の方がおすすめです。

安全性の高い自毛植毛

薄毛は多くの方にとって深刻な悩みとなってしまいます。
薄毛である事でイメージダウンになってしまったり、人から頭部が注目されているという不安を感じてしまったりと多くの方の悩みとなってしまいます。
薄毛改善に効果が期待出来るとして育毛や増毛に効果的な薬剤や発毛効果を促進させるマッサージ等多くの方法を駆使されている方もいらっしゃいます。
そんな薄毛改善の中でも植毛が多くの方から支持されています。
植毛は毛髪を植えるだけで改善出来るとして、多くの方が利用されていますが、自身の頭部から採取した毛髪を使用する「自毛植毛」が薄毛の方から高い支持となっています。
そんな自毛植毛の魅力の一つとして、安全性の高さがあります。
多くの植毛では人工的に加工された人工毛が使用されています。
しかし人工毛はポリエステルで加工されている事で、多くの危険性があります。
毛穴から細菌が侵入してしまったり、アレルギー反応を引き起こしたりと多くの危険性が含まれています。
その為、重症化となると外科手術も必要となる事もあります。
しかし自毛植毛は元々自身の頭部に生えている毛髪を使用する事で、安全性の高い植毛となっており多くの方から人気となっているのです。
自毛植毛は危険性が無い事で、安心して受けられる植毛となっています。

自毛植毛の定着率はどれくらいなのか

近年では技術の進歩によって自毛植毛を進める声が多くなってきましたが、かねてより懸念されているのが移植した自毛の定着率です。かつては定着率が悪く植毛しても、いくつかは抜け落ちてしまうという問題から敬遠されていましたが、現在はどのような状況となっているのでしょうか。
これまでは、後頭部や側頭部から皮膚ごと毛根を採取する手法が用いられてきましたが、近年ではそういった方法を取らない自毛植毛も定着しつつあります。最新の技術が大手クリニックをはじめに定着しつつあり、移植毛の定着率も8割以上の数字を記録しているほどです。そのため自毛植毛の定着率の悪さというのは、すでに過去の話と言えるでしょう。
採取された毛根は、できるだけ新鮮な状態で移植するように心掛けている部分があるため、移植本数が多くなってもスピーディーに手術が終わるようにもなっています。時間を多く要してしまうのも、自毛植毛のネックでしたが、技術の進歩と共に身体への負担が軽減されているのも事実です。自毛植毛を行えば半永久的に髪の毛は生え続けると言われていることから、デメリットやリスクの多い人工毛植毛よりも優れているものとなっているため、ぜひハゲの悩みを抱えているようであれば自毛植毛を検討してみてください。

安心して利用できる自毛植毛

みなさんの中には、薄毛が気になりだしている方も、いるのではないでしょうか?最近では、若い方の中にも薄毛が、気になりだしている方が増えているようです。薄毛を、根本から確実に解決したい方や、若い方にオススメなのが、自毛植毛です。みなさんは、自毛植毛を知っていますか?自毛植毛とは、その名の通り自分の髪の毛を、薄毛が気になる部分…

他とは違う自毛植毛のメリットについて

最近では、様々な育毛であったり植毛であったり、増えてきていると思います。それは、やはり薄毛が気になりだしている方などが、増えてきているからだと思います。薬局などにも、育毛剤などが数多く存在します。ですがやはり、薄毛は根本から確実に直していきたいですよね。そんな方にオススメなのが、自毛植毛です。今回は、自毛植毛のメ…

TOP